桐生市議会議員 森山レポート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

庭山議員に対する抗議文を提出しました

本日、桐生市議会荒木議長より庭山議員に対して抗議文を提出しました。
しかし、彼女は受け取りを拒否されました…。
前回は破り捨て、今回は受け取り拒否…。


抗議文の全文は下記のとおりです。

短文投稿型情報サービス(twitter)での発信について訂正と謝罪を求める抗議

 庭山由紀桐生市議会議員に対し、5月25日の「献血の車が止まっているけど、放射能汚染地域に住む人の血って、ほしいですか?」と短文投稿型情報サービス(以下twitter)に書き込みをしたことに端を発した一連の情報発信について、「ただちに議員を辞めろ」「差別だ」「市民を愚弄している」「根拠のない発信で不安を煽っている」など市民、国民から多数の苦情や批判が相次いでいる。
 同日、この事態を受けて緊急に開催された各派代表者会議においても、「訂正も謝罪もしない」「献血量が激変しても仕方がない」などと発言するなど、日本赤十字社の不断の努力を無視し、また、献血を行っている方々の気持ちを著しく踏みにじる発言を続けている。
 この発信は、献血に対する安全性の確認もせず、ただいたずらに市民・国民を混乱させ不安を煽るものであり、これらはまさに、原子力発電所事故由来放射性物質飛散に苦しむ地域の人たちに対する人権侵害とも思われる差別発言である。また桐生市は放射能汚染地域ではなく、放射能汚染状況重点調査地域であり、このような誤った発信・発言により一般市民は、大きな誤解と混乱を招き著しく誇りを汚され、深く傷ついている。
 度重なる虚偽の発信・発言内容は誠に遺憾であり、このことは桐生市議会議員としてあるまじき行為である。
二度と同じことを繰り返さないよう、断固抗議するものであり、下記の通り適切な対応を強く求める。


                   記

1.twitter発信に対し、速やかに訂正を行うこと

2.これまで一連の事件に関し心から謝罪を行うこと

3.公人としての発言又は情報発信は、確たる事実に基づいて行うこととし、虚偽の事実を摘示することによって他人の名誉を毀損する行為をしないこと

4.上記1、2を直ちに行わない場合には、速やかに一連の事件の責任をとり議員を辞職すること

平成24年5月31日
                            桐生市議会議長 荒木恵司

桐生市議会議員 庭山由紀 あて

スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 桐生市議会議員 森山レポート | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。